MENU
ビスキュイについて

ビスキュイのつぶやき

パティスリィ・ビスキュイのスタッフ

おかげさまでビスキュイは17年目を迎えることができました。
本物の味を追求して進化して来られましたのも、多くのお客様に支えていただいた賜物と、心より感謝申し上げます。
ビスキュイは、永く食べ続けられる飽きのこない味を「本物の味」と定義し、大衆の高級というキーワードを常に意識してお菓子作りをしてまいりました。
その努力が実り、2009年洋菓子製造工神戸市優秀技術者表彰をいただくことができました。
これからも、お客様の元気の源になれるよう、高品質のお菓子をお求めやすく提供していきたいと思っております。

ビスキュイカフェの楽しみ方

ビスキュイのカフェメニュー

メキシコのチアパス(有機栽培)、ペルーのティアラ(有機栽培)、クリスタルマウンテンの上質豆3種をオリジナルブレンドのコーヒーは、生クリームとの相性が抜群です。
一度、ブラックのまま、生クリームとの相性をお試しください。

紅茶はディンブラ、ダージリン、アールグレイの3種類をご用意しました。 ご好評をいただいているのは、ディンブラで作るアイスティーです。 香り高く、くせのないところが好まれております。

当店自慢のブレンドコーヒーと3種類の紅茶を、アイスクリームを添えたケーキセットでお楽しみください。

その1 朝市のフルーツ
ケーキ

ビスキュイでは、その日最高のフルーツを求めて、毎朝神戸中央市場本場に仕入れに行きます。 修行時代からお付き合いいただいている恩人に、農林水産大臣賞を受賞した名店ルートを紹介していただいたのが、直接市場に通うようになったきっかけでした。

「○○産を使っています」などと言うと安心されるかもしれませんが、フルーツの味は、入荷時期はもちろん、同じ産地でも生産者によって大きくかわります。

是非一度、ビスキュイが厳選した自慢のフルーツをダイナミックに使ったケーキの数々をご賞味ください。

その2 しっとりソフトな生地
ケーキ

一般的に、安定したお菓子の焼き上がりを心がけるために小麦粉を多く配合しますが、それだと食感がパサついてしまい飲み込みにくくなってしまいます。

そこで、ビスキュイはしっとりなめらかで、素材の味を楽しめるお菓子にこだわり、独自の製法を生み出しました。
小麦粉の配合を少なくし、低温で長時間かけて焼き上げるこの製法を「低小麦粉製法」とよんでいます。

このビスキュイ独自の「低小麦粉製法」で作られているのが「マロン・ムー」「フルーツケーキ」「くるみのケーキ」「ボヌール」などです。是非とも一度召し上がっていただきたいお菓子です。

その3 クリームとスポンジ
ケーキ

日本人には、みずみずしくあっさりとした軽い後味のクリームが好まれています。そこでビスキュイは、北海道産の低脂肪であっさりとした生クリームを選びました。クリームに入れる砂糖は、上品な甘味を出す氷砂糖と、保水性のあるトレハロースの2種類を使用しております。

そしてビスキュイが一番大切にしているのがスポンジです。味のベースになるので、ソフトでしっとりと口どけがよくなるように丁寧に焼き上げています。

「牛乳ムース」は、みずみずしいクリームとしっとりしたスポンジを味わっていただけるケーキです。
じっくりとお楽しみください。